【まとめ】NTT光コラボの事業者変更について、最新情報をまとめました

20562a8a19e8a4d4f6348716b63bf516_s

NTT光コラボの事業者変更が2019年7月1日から可能になります。

今までは一度しかできなかった転用手続きを再度できるようになることで、
いったい何が変わるのか、どういったメリット、デメリットがあるのか等、
今分かっている最新情報をまとめました。

特に以下のような方に影響のある情報ですのでピンと来た方は、ぜひ最後までご覧ください。



✔ 

以下のような方は必ずチェック
・電話勧誘で変えたけど、料金が高い、解約したいけど電話番号が気になる

・ドコモのスマホ利用中、でもドコモの割引が無いネット回線利用中

・ソフトバンクのスマホ利用中、でもソフトバンクの割引が無いネット回線利用中
・現在auのスマホを利用中、でもauひかりがエリア外の為、仕方なく割引が無いネット回線を使っている

目次


1.転用手続きとは
2.事業者変更とは
3.事業者変更のデメリット
4.事業者変更を有効活用する方法
5.まとめ

スポンサーリンク



1.転用手続きとは

ae9f8423759c4233979281e44f2b4c9b_s
現在フレッツ光からドコモ光などの光コラボレーション事業者への変更の際に、転用手続きという変更方法を取ることができます。

転用手続きを取ることで、工事不要でサービスを変更することができます。

手順は簡単で以下のSTEPで手続きが完了します。
①NTT東日本、西日本のHPから転用承諾番号を発行
②変更したい会社へ転用承諾番号を提出
③工事なども不要で切り替え完了

【転用手続きのメリット】
・モデムや配線は変更無し
・工事不要
・フレッツ光の解約金不要
・電話番号も変わらず利用可能

上記の通り、手続き自体は工事も無く簡単に行うことができます。

ただし、転用手続きにはデメリットもあります。
・転用手続きは一度しか行うことができない。
・他の光コラボのサービスへ変更する際にはネットの新規工事が必要
・現利用回線の解約金の支払いが必要
・固定電話番号を引き継ぐ為にアナログ工事も必要
・ネットを契約してから発行した電話番号=「ひかり発番」は引き継ぎ不可


cbf3ad80d00e7be553c5ed28c7a8f787_s

「さらに手続きは簡単だったから変えたけど、、、、、
想像していたのとは全然違っていた、、、」なんてこともあるようです。

・携帯の割引の事を忘れてて、割引が無いサービスに変えてしまった。
・月々の料金が高い。
・想像以上に速度が遅い。
・電話がなかなか繋がらない、繋がっても電話対応の質が悪い。

このような状況になってしまった場合も、そう簡単に他のサービスに変えることができない状況でした。

スポンサーリンク



2.事業者変更とは

dca47bfc8ec5858a479bbd2bc1579b2f_s

こういった状況を改善すべく2019年7月1日から事業者変更という手続きを取ることができるようになります。
事業者変更とは、簡単に言うと一度しかできなかった転用手続きを再度行うことができるということです。

実際には転用手続きを再度行う訳ではなく、事業者変更手続きを取ることになりますが、転用手続きとほぼ内容は同じです。


✔  事業者変更手続きとは

・光コラボから別の光コラボへの変更の際にもネット工事不要

・固定電話番号の引き継ぎの際に必要だったアナログ工事も不要

・光発番の電話番号も番号そのまま引き継ぎ可能

・事業者変更承諾番号を発行することで他社サービスへ変更可能


【事業者変更手続きの手順】

①現在契約しているネット回線の会社へ問い合わせ

②事業者変更承諾番号を発行してもらう。

③変更したい会社へ提出して手続き完了
(またNTTから元々利用していたオプションの請求だけ来ている場合は、NTTへオプション廃止の連絡をする必要があります。)

事業者変更手続きを行えば、以下の様な場合でも工事は不要です。


例1)

OCN光→ドコモ光


例2)

So-net光→ソフトバンク光

例3)
ぷらら光→ビッグローブ光

またネットを契約してから発行した電話番号=「光発番」の番号も、
そのままの番号を引き継ぐことができるようになります。

「工事が面倒。。」
「固定電話の番号が変わるのは困る。。」

事業者変更手続きを取ることできるようになることで、
転用手続きを取ったことにより逆に状況が悪くなってしまった方や、携帯の割引が無いネット回線に変更してしまった方でも、自分の望むネット回線に変更することができるようになります。

スポンサーリンク


3.事業者変更のデメリット 
5cfa46d887ce0b82f0f90717ddd9c04c_s

良いことだらけの事業者変更手続きですが、手続きを行うに当たってのデメリットもありますのでご説明します。

✔  事業者変更のデメリット

・事業者変更承諾番号の発行は現在契約している会社への問い合わせが必要

・現利用回線の解約金の支払いが必要

・利用中のメールアドレスが使えなくなる可能性がある

〈事業者変更承諾番号の発行は現在契約している会社への問い合わせが必要〉
転用手続きの場合はNTTのHPで転用承諾番号という番号を発行することで手続きを行うことができましたが、事業者変更手続きの場合は、現在契約している会社へこちらから連絡して発行する必要があります。

スムーズに手続きを行うことができれば良いのですが、契約している会社によっては、なかなか電話が繋がらない繋がってもすぐに事業者変更承諾番号を発行させてもらえない可能性があります。
またこの番号を発行するということは契約を解約するということになる為、
解約させないように対応される可能性があります。

〈現利用回線の解約金の支払いが必要〉
事業者変更を行う場合、現回線を解約して新たな回線を契約することになります。その為、現回線の解約金が発生します。
光コラボの業者によって解約金は異なりますが、高額な解約金が発生してしまう可能性もある為、しっかり確認してから手続きを行う必要があります。

〈現利用回線のメールアドレスが使えなくなる可能性がある〉
現回線のメールアドレスを利用している場合、事業者変更を行うと契約は解約になるので、基本的にはメールアドレスは使えなくなります。
ただ、メールアドレスのみを残して継続することができる場合もある為、
アドレスを利用している場合は、念の為、事前に確認しておく必要があります。
 


4.事業者変更を有効活用する方法
bf820001b3b1b148361c9968c526daee_s

ここまで事業者変更についての情報をご説明させて頂きました。
メリットもデメリットもある内容ですが、事業者変更手続きを有効活用する方法を、最後にご紹介したいと思います。

冒頭で以下のようにお伝えしました。

✔  以下のような方は必ずチェック
・電話勧誘で変えたけど、料金が高い、解約したいけど電話番号が気になる

・ドコモのスマホ利用中、でもドコモの割引が無いネット回線利用中

・ソフトバンクのスマホ利用中、でもソフトバンクの割引が無いネット回線利用中

・現在auのスマホを利用中、でもauひかりがエリア外の為、仕方なく割引が無いネット回線を使っている

事業者変更は、上記に当てはまる方に最もメリットのある手続きです。
今までは、転用手続きの様々なデメリットがあった為、手続きを行うことは容易ではありませんでしたが、今後は工事不要で番号も変わらずに変更することができます。

上記の4つのパターン別におすすめのネット回線を載せておきますので、
事業者変更の際にご活用ください。

〈ドコモのスマホ利用中、でもドコモの割引が無いネット回線利用中〉
ドコモのスマホをお持ちの方はドコモ光を利用することで携帯に割引を適用することができます。
ドコモ光以外の回線では割引は適用できない為、ドコモのスマホをお持ちの方はドコモ光がオススメです。



〈ソフトバンクのスマホ利用中、でもソフトバンクの割引が無いネット回線利用中〉
ソフトバンク
光もドコモ光と同様に携帯に割引を適用することができます。
ソフトバンクのスマホをお持ちの方はソフトバンク光がおすすめです。




〈現在auのスマホを利用中、でもauひかりがエリア外の為、仕方なく割引が無いネット回線を使っている〉
auひかりがエリア外の場合はビッグローブ光がオススメです。
ビッグローブ光はauひかりと同様にスマートバリューの割引を適用することができます。
またauひかりはエリア外でも、フレッツ光のエリア内であればビッグローブ光は利用できますので、オススメの回線です。




〈電話勧誘で変えたけど、料金が高い、解約したいけど電話番号が気になる〉
携帯に割引を適用させたいという方は、ドコモ光やソフトバンク光がオススメですが、
もし解約した際の解約金が特に気になるという方は、株式会社NNコミュニケーションズのauひかりがオススメです。
オプション加入無しで、43000円のキャッシュバックを翌月末に現金振込してもらえます。

株式会社NNコミュニケーションズ【KDDI|8期連続表彰会社】



5.まとめ

今回、転用手続き、事業者変更の手続きについてまとめさせて頂きました。
今まで変更できずに我慢していた方には嬉しい情報ですね。
また追加で新たな情報が分かり次第、追記いたします。