auひかりの失敗しない解約方法と解約金を負担しない方法3選

e60e2cdf3c380968a44249861793d3a8_s

「auひかりを解約したいけど、どこに電話すればいいのか分からない。。

キャッシュバックをもらったけど、いくら解約金が請求されるのか心配。。」

こんな疑問に答えます。

✔ 本記事の内容
・auひかりの解約方法が分かる。
・キャッシュバックを受け取った場合の解約金の金額が分かる。
・解約金を負担しない方法も知ることができる。


私は通信業界で5年間働いてきました。
auひかりのお仕事にも関わってきましたので、
元通信業界人が非常にややこしい解約金を分かりやすく解説します。


 目次


1.auひかりの解約方法
2.解約金(共通)
3.追加の解約金(契約時にキャッシュバックを受け取っている場合)
4.解約金を負担しない方法3選
5.まとめ


1.auひかりの解約方法


auひかりを契約している方は、各プロバイダ(au one netや@nifty等)とも契約をしています。
auひかりを解約する際には、auに連絡するのではなく、プロバイダへ連絡することで、解約することができます。


以下に、auひかりの解約の流れを2STEPでご説明いたします。


STEP1. プロバイダに解約の連絡する。


契約中のプロバイダへ解約の連絡を行いましょう。
auひかりのプロバイダは複数存在します。下記にプロバイダ別に解約先の電話番号をまとめております。

 

プロバイダ 電話番号 受付時間 会社HP
au one net 0077-777 9:00~20:00 会社HP
@nifty 012-32-2210 9:00~19:00 会社HP
@Tcom 0120-805-633 9:00~20:00 会社HP
Asahi Net 0570-01-3500 10:00~19:00 会社HP
BIGLOBE 0120-86-0962 9:00~21:00 会社HP
DTI 0120-830-501 10:00~17:00 会社HP
とくとくBB by GMO 書面郵送にて解約
会社HP
So-net 0120-80-7761 9:00~19:00 会社HP


解約時の注意点


①メールアドレスが使えなくなる為、プラン変更が必要


メールアドレスを利用されている方は、解約するとメールアドレスが使えなくなります。
継続して利用されたい方は、解約の連絡の際に、メールアドレスを使い続けたいと伝えてメールコースに変更しておきましょう。
メールコースの料金は以下のようにプロバイダにより異なります。

プロバイダ 料金 コース名
au one net 250円 ミニミニコース
@nifty 250円 ダイヤルアッププラン
@Tcom 300円 メールコース
Asahi Net 300円 ブログコース
BIGLOBE 200円 ベーシックコース
DTI 200円 Ubicプラン
So-net 200円 モバイルコース

②ネットや電話が使えなくなる為、解約のタイミングには注意


解約するとすぐにネットや電話が使えなくなる為、
乗り換える場合は開通時期を確認の上、新しい回線が繋がってから、
解約するようにしましょう。


③店舗では解約はできない


auショップで契約をされた方も店舗では解約手続きを取ることができません。
プロバイダへ解約の連絡を入れる必要がありますので、気を付けてください。

STEP2. モデムの返却

解約の連絡をすると返送用のキット(箱)が届きますので、
モデムを指定の場所に返送すれば完了です。

※戸建てにお住まいの方は退去時に撤去工事が必要になる可能性があります。
撤去工事が必要な場合はKDDIから工事日の連絡が入り立ち合いの日程調整を行います。


撤去工事費用の目安:10,000円~28,800円
(2018年3月以降に契約された方は28,800円)

2.解約金(共通)

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

auひかりの解約金はどのプロバイダを選んでいたとしても同じ金額です。
解約金はKDDIから請求がきます。
ファミリータイプ(戸建て)とマンションタイプ(集合住宅)によって、
解約金が大きく変わってきますので、ご説明します。



①. ホームタイプ(戸建て)の解約金

auひかりホームタイプを解約した場合、
契約プランの解約違約金と初期工事費用の分割残金が発生します。


1,契約プランの解約違約金


auひかりを契約されている方の大多数は「ずっとギガ得プラン」というプランに加入されてます。上記のプランに以外に「ギガ得プラン」「標準プラン」というプランがあり、
標準プラン以外のプランは以下のような解約金が発生します。

契約プラン 解約金
 ずっとギガ得プラン(3年契約、自動更新)  15,000円
 ギガ得プラン(2年契約、自動更新)   9,500円

2,初期工事費用の分割残金


auひかりの初期工事費用は、37,500円を30回の分割の毎月1250円の請求があります。毎月同額の1250円の割引が入っている為、利用中には負担額はありませんが、解約時には割引がなくなる為、1,250円×残月数の残金を一括請求されます。


例)12ヶ月で解約した場合
1,250円×(30回-12回)=22,500円


※2018年3月以降に契約された方は、
初期工事費の分割回数、毎月の支払額が、30回→60回、1250円→625円に変更されています。その為、12ヶ月利用していた場合でも初期工事費用の残額は以下のようになります。


例)12ヶ月で解約した場合(2018年3月以降契約)
625円×(60回-12回)=30,000円

②. マンションタイプ(集合住宅)の解約金

auひかりマンションタイプを解約した場合、
基本的には解約違約金はかからず、と初期工事費用の分割残金のみ発生します。


また、初期工事費用、37,500円は1,250円の30回分割となりますので、
解約した場合、残月数×1,250円が一括請求されます。


3.追加の解約金(契約時にCBをもらっている)


上記の解約金に加えて、
auひかり契約時にKDDIからキャッシュバックを受け取っていた場合、追加で解約金が請求される可能性があります。


元々の回線の解約金を補填する為に、KDDIのキャッシュバックキャンペーン、「auひかりスタートサポート」を利用された方も多いと思います。
こちらのキャンペーンを適用している場合追加で解約金が発生します。
ホームタイプとマンションタイプと分けて説明します。



①. ホームタイプ(戸建て)


3年以内に解約すると、10,000円の解約金が発生します。
ただし、申請時点でauスマートバリューに加入、または他社違約金相当額が
10,000円以下の場合は発生しません。

②. マンションタイプ(集合住宅)

2年以内に解約した場合、7,000円の解約金が発生します。


先程、マンションタイプの解約を行う場合、
基本的に、解約違約金はかからず、初期工事費の残金のみ発生しますとご説明しましたが上記の通り、KDDIからキャッシュバックを受け取っており、2年以内に解約する場合は、解約金の支払いが必要となります。


ただし、ホームタイプと同様に、
申請時点でauスマートバリューに加入、または他社違約金相当額が
10,000円以下の場合は7,000円の支払いも不要となります。


追加の解約金の注意点


KDDIからのキャッシュバックを受け取った場合の解約金は上記の通りですが、もしプロバイダからもキャッシュバックを受け取っていた場合は、さらに5,000円~10,000円の解約金が発生する可能性がある為、解約金の詳細については、プロバイダへの連絡時にしっかり確認しておいてください。

4.解約金を負担しない方法3選


auひかりの解約金は高額ですね。

「どうにか解約金をかけずに解約したい。。。」


そういった方の為に、解約金がかからない方法をご紹介します。

①更新月に解約する

auひかりホームタイプ、ずっとギガ得プランの場合、3年の自動更新ですので、契約してから37ヶ月目、38ヶ月目は更新期間となり、この期間内に解約すると解約金がかかりません。
その次は73ヶ月目、74ヶ月目が更新期間となります。


更新月 auひかり

②引っ越し先でもauひかりを利用

引っ越し先でもauひかりを同一プロバイダで利用する場合は、
解約金は発生しません。別のプロバイダで利用する場合は解約金がかかりますので、引っ越す場合は同一プロバイダで利用するようにしましょう。


注意点として引っ越し先がauひかりのエリアに対応していない場合があることです。引っ越し前に提供エリアの確認をしておきましょう。

③キャッシュバックのある他社回線に乗り換え

解約金のキャッシュバックがもらえる他社回線に乗り換えることで、
auひかりの解約金を補填してもらうことができます。

携帯会社 サービス名 キャッシュバック額
au ビッグローブ光
最大37,000円
ドコモ ドコモ光 15,000円キャッシュバック+10,000円分のdポイント
ソフトバンク SoftBank光
最大100,000円


利用している携帯会社に合わせて選ぶと、通信費全体を下げることができます。

ビッグローブ光



ドコモ光


SoftBank光


5.まとめ


auひかり解約時の注意点は、工事費の残金が残っている場合、
キャッシュバックを受け取っている場合に解約金が高額になってしまうことです。
解約前にプロバイダに連絡して解約金がいくらかかるのか、更新月は何年何月なのかしっかり確認しておきましょう。

また解約金のキャッシュバックがもらえる他社回線への乗り換えを検討しましょう。